2009/1/17(日)ソワレ 風が強く吹いている

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

■風が強く吹いている(ル テアトル銀座)
前楽,5列目センターブロック下手側通路席で観劇.
ミュージカルではなく,ストレートプレイ.
三浦しをんの箱根駅伝をテーマにした同名小説を舞台化.演出は鈴木裕美.
若手俳優集団D-Boysが出演ということで,劇場は若い女性が多かったです.
物語はハイジ=黄川田将也とカケル=和田正人を中心に,陸上素人のメンバと箱根駅伝を目指すというもの.
物語は男臭くベタではありますが,青春時代ならではの友情・苦悩・衝突がみずみずしく演出されており好感.
テンポもよく,あっという間に3時間が過ぎ去り,もう少し早く観劇しておけばと後悔.
全体通して満足度は高かったです.良い芝居でした.
黄川田は嫌味のない素直な演技でしたが,これが成功していた.
周りの役が濃いので,普通であることで他に埋もれない.そして時折見せる感情の高ぶりが引き立たされる.
和田はもう少し感情表現に深みがあれば良かったかな.ちょっと軽い.
メインの脇を固めるチームメンバはそれぞれ個性が強いが,浮かずに上手くなじんでいました.
特にキング=瀧川英次は要所要所で笑いを誘い物語のテンポを作っていたし,ニコチャン=平田彰浩も,こんな先輩いたよなという感じで好演.ユキ=粕谷吉宏を含めたこの先輩3人組は実際にどこの大学にもいそうで,特に上手かった.
紅一点の葉菜子は舞台出演は初めてとのことですが,表情が舞台映えしており,今後が楽しみ.
箱根駅伝の予選会までは陸上部の学生寮で進行していきます.
この学生寮のセットがいいんだな.思わず学生の頃を思い出してしまい,その時点で引き込まれてしまいました.なんというか,空気感がいいのですよ.
自分が学生に戻ったような感覚になったので,より話もすんなり受け取れるようになったような気がします.
この演目の一番の山場であろう駅伝のシーンは,舞台上でどのように再現するのか楽しみでしたが,手前に走者を置き,その背後に各地点のメンバを置く演出.なるほどなぁと感心.視覚的演出もそうですが,「俺の背後には仲間がいる」みたいな感じにも取れて良かったと思います.
10区を走るハイジの回想シーンも良かった.これはセットをうまく使って回想に見せており,演出の勝利ですね.ここでは号泣.
とにかく鈴木裕美らしい演出で,熱く,そして泣けるものに仕上がっていました.ほんと,もう一度観たい.そんな作品です.
この回は前楽で,アフタートークイベントも最後でした.
はじめは5人で進行していたものの,結局全員が舞台に引っ張り出され,ちょっとぐだぐだな感じがあったものの,お祭り的な盛り上がりでした最後の最後まで笑わせてもらって,劇場から
出るときはなんだかすがすがしい気持ちになっていました.
今後,名古屋や大阪,福岡といったところで公演されますが,お近くの方にオススメです.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク