さくらのレンタルサーバでのphpまわりの速度改善

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

珍しく,サーバとかphpとかのお話。

先日某SNSのシステムで使っているOpenPNEがver.2系からver.3系にバージョンアップサれたのですが,実行速度が非常に遅くなってしまいました。
こりゃちょっと重いなぁと思ったので,さくらレンタルサーバの高速化を検討…したのですが,これが意外に厄介。
レンタルサーバであるが故,Apachの設定をゴリゴリカスタマイズしたり,一方通行モジュールを突っ込んだりということできません。

ということで本格的に対策はできないものの,それでもphp周りで可能なことをやってみたのでメモがてら残しておきます。

・zlibでコンテンツを圧縮
 php.iniに以下の一行を加えればOK。
   zlib.output_compression=1
 これで転送量が減り,結果として多少レスポンスが早くなります。

・Zend Optimizer の導入
 Zend社のWebサイトからBSD・php5.2用のOptimizerを落としてきます。
   5.2用の ZendOptimizer.so を /home/hoge/lib/  にアップロード。
 php.iniに以下を記述。
   zend_optimizer.optimization_level=15
   zend_extension = “/home/hoge/lib/ZendOptimizer.so”
 これで多少実行速度が上がります。

まぁ上記をやっても劇的に向上していないので効果は多少というレベル。
でもやらないよりはマシかなぁと思います。

あとできることと言ったら,プランを上位に変えることでしょうかねぇ。
ただ,CPUの速度が向上し,共有人数が減れば多少は効果がある…とは思いますが,お金がかかるのでちょっと無理そう。

今後OpenPNEのバージョンが上がれば少しは処理速度も改善するのではないかと,しばらくはそれを期待することになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク