第2回勉強会終了しました - ソフトウェアプロジェクトにおけるツールの活用を考える会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

9月12日にソフトウェアプロジェクトにおけるツールの活用を考える会の第二回勉強会を開催しました。

当日はALMについて,日本マイクロソフトの長沢さんの貴重なお話もあり,参加者もスタッフもいろんな知見が得られたと思います。
私自身も断片的な知識を長沢さんのお話により,整理することができました。本当にありがとうございました。

本会からは松木さんからTABOKの概略について紹介がありました。
おそらく国内初の発表だったと思います。ですので,聴講された方は間違いなく最先端の知識を得たことになるかと思います。

また,その後の懇親会でもツールにまつわる様々な話題があり,情報や考えの交換がとても盛り上がったようです。(ようです,というのは体調がすぐれなかったので残念ながら途中で中座してしまったからです。)

それから,当日は長沢さんからTFSの書籍が参加者全員にプレゼントされました!
サプライズに皆さん本当に喜んでいたようです。是非この書籍を使って勉強会やりたいですねー。(^-^

当日の様子は写真を交えたレポートがサイトで公開されていますので参照してみてくださいね。

ソフトウェアプロジェクトにおけるツールの活用を考える会
本会第二回勉強会レポート

さて,恥ずかながら冒頭にご挨拶させていただきましたので,その時の資料を貼っておきます。
内容は会のご紹介でサイトに掲載してあるものをまとめたものです。

今後も本会はあ,スタッフとしてご協力いただける方も随時募集しておりますので,ご関心のあるかたは是非お声がけいただければと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク