阿佐ヶ谷神明宮で八難除のご祈祷を受けてきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

今年はというと私は年齢的に「八方塞」の年です。
ここ数年振り返ると厄年以降かなり良くないことのほうが多く、その流れで八方塞というのはなんとなく気がめいってしまいます。また、昨年末に心を痛めることも起き、今年はその痛みから立ち直ることも必要です。

ということで、日本全国で唯一「八難除」の祈祷を受けられる阿佐ヶ谷神明宮に行ってきました。八難除の祈祷を受けることで、気分的に一つすっきりとしたいなと思ったからです。

厄除・厄払いとは 厄除は、一般的には厄年やその前後の年(前厄・後厄)にお受け頂く厄払いのためのご祈祷のことです。当神社では、「阿佐ヶ谷神明宮唯一八難除祈祷」の一つとして、お受けしております。 厄年とは特に気をつけなければ...

ご祈祷は(コロナ対策にて玉串をお納めすることはできなかったものの)つつがなく終了しましたが、少しびっくりしたのはお授けいただけるものが充実しているということ。これまで受けたご祈祷ではお札とお守り、お神酒といったものをお授けいただけますが、このご祈祷では、小式(5,000円)でも「尺木札・八難除御守・八難除守護札・御神土・御神米・御神酒・御神塩・御神箸」といったものをお授けいただけます。また、正直お納めする金額としてはとても安い!(安いという表現は不適切なんでしょうけど、どう表現したらよいのだろうか?)

ご祈祷が終わり、とってもすっきりしました。
心静かに祈るという行為は、ざわつきを取り払ってくれますね。

今年はいろいろと人生を変えていくべき年だと思っています。
これをきっかけに前向きに取り組んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク