新刊「ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

高橋寿一さんの新刊「ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」が2021年3月17日に発売されるとのことです。

書籍のページから紹介文を引用します。

今回のテーマは「開発者テスト」です。

本書では、アプリ・システム開発において、バグを減らすために
開発者が行うべきテスト(開発者テスト)についてわかりやすく解説します。

開発者テストを実施するために知っておくべき概念・手法や、

○単体テスト
○リファクタリング
○アジャイル開発での品質担保
○テストの自動化

などについて、実例を出しながら解説していきます。

品質コンサルタントとして長年培ってきた筆者の経験をもとにした、
現場で必須の手法+学術的根拠のエッセンスを詰め込んだ一冊です。

今回のテーマは開発者テストということで、テストを学ぼうという開発者の方にうってつけです。また、開発者テストといっても、テスト担当者に関係がないわけではなくむしろ知っておかなければならない知識なので、開発者という単語に敬遠せず、テスト担当者も読むことをお勧め召します。

なお『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』の続編とのことで、こちらを未入手の方は合わせて入手してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク