「 社外活動 」一覧

AFFORDDのYoutubeチャンネルが公開されました

AFFORDDのYoutubeチャンネルが公開されました

ソフトウェアやシステムの派生開発技術に関する活動を行っているAFFORDD(派生開発推進協議会)のYoutubeチャンネルが公開されました。 本チャンネルでは、AFFORDDの活動や派生開発技術の動画を公開していきます。 ぜひチャンネル登録いただければと思います。 早速、次の4本の動画を公開しています。ぜひご覧ください!

派生開発カンファレンス2021 発表募集のご案内

派生開発カンファレンス2021 発表募集のご案内

AFFORDD(派生開発推進協議会)が主催する派生開発カンファレンスですが、2021年は5月29日、オンライン形態で開催することを決定しました。 ※今回は土曜日の開催となります 派生開発カンファレンスは、派生開発に関わる全ての方々が一堂に会し、現場で役立つ実践的な技術や経験、ノウハウ、研究成果を発表し情報交換を行う場です。カンファレンスでは、開発現場における事例を持ち寄り、その取り組みの精度を高め、これから取り組もうとしている人たちの指針となる機会となることを目指してきました。 毎回多くの皆様に出席頂き活発な意見交換が行われている本カンファレンスも今年で11回目を迎えますが、今年は新型コロナウィルス禍という状況を鑑みて、オンライン開催にて実施することになりました。リモートでの発表スタイルに変わりますが、例年どおり、経験論文・経験発表の募集を行います。皆様の応募をお待ちしています。 詳しくはご案内ページをご参照ください。

ASTERオンラインセミナー vol.1 「テストの7原則」を公開しました

ASTERオンラインセミナー vol.1 「テストの7原則」を公開しました

昨年の話となりますが、ASTER教育事業にてセミナー動画をYoutubeチャンネルにて公開する活動を始めました。 第一弾は「テストの7原則」です。 個人の教材としても、社内の勉強会教材としてもご活用いただければ幸いです。 こちらは、講師は武田さん、企画・スライド作成・動画編集は秋山さん、松谷さん、私で担当しています。こういった動画作成は全員が素人で、vo.1から手探りで進めていますが、今後もより良いものができるように勉強合わせ取り組んでいきたいと思います。 御覧になった方からは説明についてのフィードバックをいただいています。 視聴者と一緒により良いものにしていけたらと思いますし、スタッフも手探りで立ち上げた活動ですので、どうぞ温かいまなざしで応援いただければ幸いです。 なお、この活動に講師やスタッフとしてご協力いただける方はぜひご一報いただければと思い

SQuBOK Guide V3 電子版が発行されました

SQuBOK Guide V3 電子版が発行されました

私も編纂に関わらせていただいたソフトウェア品質技術の知識体系「SQuBOK Giude V3」 は2020年11月に発行され書店にて販売中ですが、続いて電子版も販売開始となりました。 ソフトウェア品質にかかわる方はもちろん、開発にかかわるすべてのかたに手に取っていただきたいと思います。なぜならば、品質というものは全員参加で確保・作り上げていくものだからです。 すでに入手した方はご存じと思いますが、V2と総ページ数をあまり変えずに、新たなトピックを盛り込むなどしています。そのために、樹形図の見直しや記述のスリム化など全体にわたって手が入っています。 SQuBOKについては、V1→V2→V3で内容は大きく変遷しています。 V1では日本企業が作り出し積み上げてきた品質技術を世に知らしめるというコンセプトでした。なので、企業独自の技術も紹介されています。 V2では品質は開発技術領域に踏み込んで、多くの技術を追加しています。品質は開発にかかわる全員・全体で確保するものであるからです。 V3ではV2をベースに、新たなドメインに対する対応を盛り込みながら、全体の再構築を図っていま...

テストプロセス改善技術 入門ガイド ver1.0.0 を公開しました

テストプロセス改善技術 入門ガイド ver1.0.0 を公開しました

NPO法人ASTERのテストプロセス改善技術研究会は「テストプロセス改善技術 入門ガイド ver1.0.0」を公開いたしました。(2020年12月公開) TMMiやTPI-NEXTなどのテストプロセス改善技術について、手軽に概要をつかんでいただけるようにと作成しております。 1章では、テストプロセス改善技術の概要を解説しています。 2章ではTMMi・ISO/IEC33063・TPI-NEXT・CTP・STEPの概要を解説しています。 付録として、まだ作業中ですが、途中経過の公開ということで、事例集と小説を付けています。こちら、事例を募集しています。ガイド内にリンクを張っていますのでご協力いただければ幸いです。 また、小説については一緒にまとめていただけるメンバーを募集しています。こちらもリンクを張っています。 この入門ガイドは今後も改版を続けていきたく、一緒に活動いただける方はぜひ研究会までご連絡ください。 一緒にテストプロセスを良くしていきましょう!

ASTER出張セミナー in 長崎 で講師を担当しました

ASTER出張セミナー in 長崎 で講師を担当しました

2020/2/1(土)に長崎県長崎市で開催された「ASTER出張セミナー in 長崎」で講師を担当しました。 このセミナーはASTERセミナー標準テキストを使用して開催したもので、私は1~2章の解説を担当させていただきました。 第1章は「テストの基礎」、第2章は「ソフトウェアライフサイクル全体を通してのテスト」ですが、当日は特に第1章に時間を多く割いて解説させていただきました。今回の参加者には、これからIT業界を目指すであろう学生の方が参加しており、プロの開発とは品質に対して大きな責任を持つことになることをしっかりと伝えたかったからです。ASTERセミナー標準テキストはベースにしつつも、スライドを何枚か追加して解説しましたが、伝わっていればいいなぁと願います。 さて、この資料を使って解説したのは今回が初めてだったので、多少の不安があったのですが、終わってみれば初めてにしてはまぁまぁだったかなと思いました。そして喋ってわかったことは、この資料がうまくまとまっているなぁということ。講義資料として、その展開や内容の粒度はちょうどよかったです。そのうち社内でも使った講義を行ってみ...

ASTER標準テキストが更新されました

ASTER標準テキストが更新されました

本日、NPO法人ASTERより無償公開されているASTERセミナー標準テキストの最新版が公開されました。 最新版はver3.1.1となっており、更新内容は偽陽性・偽陰性の説明の修正とのことです。 本資料は2020年2月1日に開催予定のASTRE出張セミナー in 長崎でも利用予定です。

【参加案内】2020/2/1(土)「ASTER出張セミナー in 長崎」

【参加案内】2020/2/1(土)「ASTER出張セミナー in 長崎」

来る2020/2/1(土)にCO-DEJIMA(長崎県長崎市)で「ASTER出張セミナー in 長崎」を開催することになりました。 日時 2020年2月1日(土) 12:30 ~18:30(予定) 場所 CO-DEJIMA(長崎市) 主催 NPO法人ASTER 共催 長崎IT技術者会(NaITE) 後援 公益財団法人長崎県産業振興財団 このセミナーはNPO法人ASTERの教育事業の活動のひとつで、これまで青森を始めとして開催してきました。ASTERから無償公開している「ASTERセミナー標準テキスト」を使用して開催するものです。 当日の講師は、秋山浩一さん(3・4章)と松谷峰夫(5・6章)さん、私(1・2章)で担当いたします。ASTERセミナー標準テキストをベースとして、講師それぞれの経験から解説いたします。 これまでテストを体系的に学んだことがない、日頃テストで悩んでいる、テストを学びなおしたい、現在のテストの潮流などを知りたいといった方を始めとしてテストに興味があればどなた...

派生開発カンファレンス2019の参加受付が開始

派生開発カンファレンス2019の参加受付が開始

ソフトウェアの派生開発に関するカンファレンスである、「派生開発カンファレンス2019」の参加募集が開始されました。 開催日は2019/6/20、場所は横浜開港記念会館。 基調講演は、経済産業省の和泉企画官。デジタルにより生活を変革していく「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を推進していく上でのさまざまな問題認識や課題解決・競争力強化のための方向性を提示いただきます。 そのほか、経験発表3件や特別セッション、チュートリアルなど充実の内容を予定してします。派生開発に関心がある方は是非積極的にご参加下さい。 当日は私も実行委員として参加予定です。会場での交流や議論を楽しみにしています!  

JaSST’16 Tokyo テストプロセス改善技術パネルのパネル進行資料が公開されました

JaSST’16 Tokyo テストプロセス改善技術パネルのパネル進行資料が公開されました

3月にJaSST'16 Tokyo でテストプロセス改善技術についてのパネルディスカッションモデレータを担当しましたが,その進行資料とTMMi概説資料が公開されました。進行資料では国内におけるこれまでの技術の普及状況を,TMMi概説資料ではTMMiについて簡単な解説が掲載されています。4月にASTERテストプロセス改善研究会が活動をしていますが,まだまだ日本語による情報がないなかご参考になればと思います。

JaSST’16 Tokyo にパネルモデレータとして参加してきます

JaSST’16 Tokyo にパネルモデレータとして参加してきます

日本最大のソフトウェアテストのシンポジウムである「JaSST Tokyo」が今年も開催されます。今年は2016年3月8日(火)~9日(水)に日本大学にて開催の予定です。基調講演はJon Hagar 氏による「Software Test Challenges in IoT devices    IoTデバイスにおけるソフトウェアテストの課題」,招待講演は清水 浩 氏による「電気自動車の未来をえがくために    ~性能・機能のこれからとソフトウェア品質の重要性~」が予定されています。今年も多彩な内容となっていますが,筆者は役者不足ながら「テストプロセス改善技術から探るテストの"改善"とは」のモデレータとして登壇させていただく予定です。以前NaITEの勉強会でもテストプロセス改善技術を取り上げましたが,その後じわじわと盛り上がりつつあります。すでに興味をお持ちの方はもちろん,今後取り組んでみたいという方は是非ご参加いただければと思います。

Software Testing ManiaX vol.10 刊行

Software Testing ManiaX vol.10 刊行

歳も押し迫り,現在東京ビックサイトにてコミックマーケットが開催中ですが,さーくるWACATEも参加の予定です。日時:2015/12/31 10:00~16:00場所:東京ビックサイト 東ホ07a当日はSoftware Testing ManiaX シリーズ最新刊であるvol.10を頒布予定です!さーくるWACATEとしても,このvol.10がひとつの区切りとなります。当日参加者の皆さんとお会いできることを楽しみにしています!※少量ですが,既刊を準備しておりますのでこちらもどうぞ。

Software Testing ManiaX vol.8 頒布

Software Testing ManiaX vol.8 頒布

8月といえばコミックマーケット! って,今日じゃん!というわけで,さーくるWACATEのサイトが(すでに)更新され,出展情報と新刊となるSoftware Testing ManiaX vol.8 の目次情報が公開されています。 ★さーくるWACATE  ★C84出展情報日時:2013/8/11 10:00 - 16:00場所:東京ビックサイト  東2R21b ★Software Testing Maniax vol.8 ◆Software Testing ManiaX vol.8 刊行にあたって / 池田 暁 ◆アーキテクチャで比較するATDD with DSL / @oota_ken  ◆テストのクラウドソーシングとバグ修正の自動化 / 森崎 修司  ◆テストエンジニアのもつ素質と資質 ―君の小宇宙(コスモ)は燃えているか!― / 九州ソフトウェアテスト勉強会 (仮)  ◆バグ票の目的って? / バグ票ワーストプラクティス検討プロジェクト  ◆なぜか多次元ゾーン分析は実践者が少ない / 上山 美之  ◆継続的な勉強会を運営する17のポイント / 根本 紀之  ◆品質とはなんだ...

【開催告知】SWATUG 第6回勉強会 「Cacoo」

【開催告知】SWATUG 第6回勉強会 「Cacoo」

ソフトウェアプロジェクトにおけるツールの活用を考える会(SWATUG)は2013年09月06日(金)に第6回勉強会を開催します! 第6回目は「Web上で図の作成&リアルタイムコラボレーション」というコンセプトの Cacoo というツールをテーマに,株式会社ヌーラボの平山様にご講演を頂きます。 リアルタイムに図やドキュメントを作成・共有できるツールの、導入事例、活用事例が聞ける貴重な機会になると思っております。近年モデリングという作業は設計者だけでなくテストエンジニアでも利用するのが当たり前となってきています。そのうえオフショアや他拠点開発で円滑にモデルを共有する重要性が高まってきています。どうぞこの機会にツールや考え方を学んでいただければと思います。そのために勉強会を活用いただければ幸いです。勉強会の申し込みについてはコチラ。★ソフトウェアプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第6回勉強会 ご自身の参加はもちろん是非身の回りにご紹介ください!※Cacooについては本Blogでも紹介記事を作成中です。 是非そちらもご参照ください。  ・Web上で図の作成& リアルタイム コラボ...

2013年度JaSSTの開催スケジュール

2013年度JaSSTの開催スケジュール

7月以降のJaSSTのスケジュールが公開されています。JaSST'14 Tokyo はこれまでの目黒雅叙園から東洋大学に会場を移しています。 ■JaSST'13 Shikoku日時:2013年 7月 19日場所:香川大学研究棟5F詳細: ■JaSST'13 Kansai日時:2013年 8月 2日場所:クリエイターズプラザ(クリエイション・コア東大阪 南館3F)詳細: ■JaSST'13 Hokkaido日時:2013年 10月 25日場所:札幌市教育文化会館詳細: ■JaSST'14 Tokyo日時:2014年 3月 7日 - 8日場所:東洋大学 白山キャンパス 詳細:

【勉強会告知】 SWプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第五回勉強会

【勉強会告知】 SWプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第五回勉強会

来る4/26(金),日本オラクル青山センターにて「SWプロジェクトにおけるツールの活用を考える会 第五回勉強会」を開催します。 今回は楽天の藤原大様に、課題管理システムである Redmine についてのご講演をいただきます。実際に Redmine を導入した事例紹介などをしていただける予定で、貴重なお話が聞けると思われます。興味のある方はぜひご参加ください! また,ご興味のありそうな方おられましたら,本件是非ご紹介ください。

JaSST’13 Tokyo の参加申込みは明日まで

JaSST’13 Tokyo の参加申込みは明日まで

 いよいよ国内最大規模のソフトウェアテストのシンポジウムであるJaSST'13 Tokyo が来週となりました。1/30?31の二日間,東京の目黒雅叙園にて開催されます。  ★JaSST'13 Tokyo     基調講演はテストの自動化分野で高名なドロシー・グラハム氏。招待講演はSRAの岸田孝一氏。  今回も多種多様なセッションが用意されているほか,新たな試みとして短時間のチュートリアルが3本準備されています。  参加申込みは明日1/23まで。チケットは残り少なく,また期日の延長はされない見込みですので参加を考えている方はお早めにお申し込みください。  JaSST'13については,JaSSTの公式マスコットキャラであるテス太郎のTwitterアカウントがゆるくつぶやいています。フォローをおすすめします。  ★テス太郎(Twitter)  @Tesutaro_JaSST   

スポンサーリンク