「 書籍の紹介・感想等 」一覧

新刊「ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」

新刊「ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」

高橋寿一さんの新刊「ソフトウェア品質を高める開発者テスト アジャイル時代の実践的・効率的なテストのやり方」が2021年3月17日に発売されるとのことです。 書籍のページから紹介文を引用します。 今回のテーマは「開発者テスト」です。 本書では、アプリ・システム開発において、バグを減らすために 開発者が行うべきテスト(開発者テスト)についてわかりやすく解説します。 開発者テストを実施するために知っておくべき概念・手法や、 ○単体テスト ○リファクタリング ○アジャイル開発での品質担保 ○テストの自動化 などについて、実例を出しながら解説していきます。 品質コンサルタントとして長年培ってきた筆者の経験をもとにした、 現場で必須の手法+学術的根拠のエッセンスを詰め込んだ一冊です。 今回のテーマは開発者テストということで、テストを学ぼうという開発者の方にうってつけです。また、開発者テストといっても、テスト担当者に関係がないわけではなくむしろ知っておかなければならない知識なので、開発者という単語に敬遠せず、テスト担当者も読むことをお勧め召します。 ...

SQuBOK Guide V3 電子版が発行されました

SQuBOK Guide V3 電子版が発行されました

私も編纂に関わらせていただいたソフトウェア品質技術の知識体系「SQuBOK Giude V3」 は2020年11月に発行され書店にて販売中ですが、続いて電子版も販売開始となりました。 ソフトウェア品質にかかわる方はもちろん、開発にかかわるすべてのかたに手に取っていただきたいと思います。なぜならば、品質というものは全員参加で確保・作り上げていくものだからです。 すでに入手した方はご存じと思いますが、V2と総ページ数をあまり変えずに、新たなトピックを盛り込むなどしています。そのために、樹形図の見直しや記述のスリム化など全体にわたって手が入っています。 SQuBOKについては、V1→V2→V3で内容は大きく変遷しています。 V1では日本企業が作り出し積み上げてきた品質技術を世に知らしめるというコンセプトでした。なので、企業独自の技術も紹介されています。 V2では品質は開発技術領域に踏み込んで、多くの技術を追加しています。品質は開発にかかわる全員・全体で確保するものであるからです。 V3ではV2をベースに、新たなドメインに対する対応を盛り込みながら、全体の再構築を図っていま...

USDM・XDDPを学ぶために持っておきたい5冊

USDM・XDDPを学ぶために持っておきたい5冊

先日NaITE長崎支部の定例会後の懇親会でプロジェクト管理・タスク管理の話から,要求の表現や派生開発の話題になりました。 昨年開催した4th長崎QDGでスペシャルセッションに古畑さんに登壇いただきましたが,その際XDDPについても触れられ,実行委員の一人が紹介された2冊の書籍を即買いしたということでした。その後積読化してしまっているのでしっかり読み直そうと思っているところだということですが,懇親会に参加していたメンバーが自分も要求表現に関心があるということで,そ次回の定例会までに清水吉男氏の「 要求を仕様化する技術・表現する技術 -仕様が書けていますか?」本を読んでくるということになりました。おそらくですが,これをきっかけに氏のもう一冊の本である「「派生開発」を成功させるプロセス改善の技術と極意」も読むことになるのかなと想像しています。(といいますか,それをお勧めしたい) ということで,本来であれば長崎QDGの初回でも登壇しただいた清水氏の講演などをあわせてお聞きできればよいのですが,皆様もご存じの通り急逝されておりましてそれはかないません。現在においては氏が直接残した書籍や記...

【書籍】ソフトウェアテスト技法練習帳 ~知識を経験に変える40問~

【書籍】ソフトウェアテスト技法練習帳 ~知識を経験に変える40問~

本日「ソフトウェアテスト技法練習帳 ~知識を経験に変える40問~」が発売されました。 本書はJaSST東北で配布された資料を書籍化されたもので、40問の例題が掲載されています。 このような書籍はなかなかありません。具体的にテスト技法を身に着けたいという方はお手にとってみてはいかがでしょうか。 ただ、本書はシステムテストレベルでの設問がほとんどなので、コンポーネントテストや統合テストレベルでの設問を補完するために「ソフトウェア技術者のためのバグ検出ドリル」をあわせて準備することをおすすめしたいです。 ぜひ2冊揃えて問題を解いてみてはいかがでしょうか?

初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)問題と解説 第2版

初級ソフトウェア品質技術者資格試験(JCSQE)問題と解説 第2版

2015年12月にJSCQE(初級)問題集の第2版が発売になりました。 ソフトウェア品質技術者資格とは日本科学技術連盟が運営しているソフトウェア品質に関する資格認定です。試験は2008年に初回が実施され,これまでに15回が開催されています。JCSQEについては日科技連のサイトをご覧下さい。 JCSQEはSQuBOKをベースとしているため,その勉強にはSQuBOKは欠かせませんが,それだけで受験対策とするのは厳しい物があります。このため、紹介した問題集も合わせて参照するとよいでしょう。

Software Testing ManiaX vol.10 刊行

Software Testing ManiaX vol.10 刊行

歳も押し迫り,現在東京ビックサイトにてコミックマーケットが開催中ですが,さーくるWACATEも参加の予定です。日時:2015/12/31 10:00~16:00場所:東京ビックサイト 東ホ07a当日はSoftware Testing ManiaX シリーズ最新刊であるvol.10を頒布予定です!さーくるWACATEとしても,このvol.10がひとつの区切りとなります。当日参加者の皆さんとお会いできることを楽しみにしています!※少量ですが,既刊を準備しておりますのでこちらもどうぞ。

Software Testing ManiaX vol.5 が出ますよ!

Software Testing ManiaX vol.5 が出ますよ!

ふとした一言から発行してしまったSoftware Testing ManiaX ,C80で新刊が出ます!最新刊となるSoftware Testing ManiaX vol.5 ですが,今回も豪華執筆陣による見所沢山盛りだくさんの内容となっております。  ■コミックマーケット80   2011/8/14 10:00?16:00   東京ビックサイト 東2ホール P-28b   「さーくるWACATE」詳しくは「さーくるWACATE」のサイトを見てもらうとして,まず恒例の海外からの寄稿ですが,今回はなんとLee Copeland 氏が寄稿くださいました!そのほか,ほとんど情報がない「機能図式法」の記事や「高信頼化ソフトウェアのための開発手法ガイドライン」の読み解き記事など,相変わらずマニアックにお届けします!私はというと(本人はまじめにやっているのですが)「テストシナリオ設計に絵コンテを使おう」という記事を寄稿しています。絵コンテによりシナリオの設計や表現に絵の力やタイムラインの考えを導入します。これにより設計品質の向上とテストケースの表現に臨場感を与えることができます。詳しい内容は是...

ソフトウェア・テストPRESS 総集編

ソフトウェア・テストPRESS 総集編

先日ソフトウェア・テスト PRESS 総集編が自宅に届きました。 久しぶりの日記はこのソフトウェア・テスト PRESS 総集編について取り上げてみようと思います。 私はこれまでこのソフトウェア・テストPRESSにはvol.3以降,毎号何かしら寄稿させていただきました。 vol.3のときはまだ品質/テストに関わるエンジニアとしてはひよっこでしたから(というかいまでもひよっこですが),自分の成長過程が記録されているようなものなのです。 また,寄稿自体はvol.3からですが,初代編集者の鈴木さんによるテストPRESS企画飲み会から出席していますので,まさにテストPRESS=6年間の私の人生ということもできますね。 そういったわけで,冒頭に掲載されている大西さんの「バックナンバー目次と座談会で振り返るソフトウェア・テストPRESS10号の軌跡は非常に感慨深く読みました。 6年というと小学校に入学した子供が卒業し中学校という次のステージに移る期間と同じですが,さて私は次のステージ(それがなんなのかはわかりませんが)に移れるだけの成長をできたのでしょうか。今度時間をとって考えて...

【書籍】バグ攻略で極めるWeb開発のツボ 現場で必要不可欠なバッドノウハウ

【書籍】バグ攻略で極めるWeb開発のツボ 現場で必要不可欠なバッドノウハウ

バグから逆引きで対処を考える本が発売されてました. バッドノウハウのカタログとして,分量も多く,Web開発をしている方には役に立つのではないでしょうか. 個人的には,バグの分類や根本原因にもう少し言及してくれればなぁという感想を持ちました. でも,なかなかない切り口なので,一冊持っておくといいと思います. 文章も易しめなので,初心者にもいいかもしれませんね.

【書籍】経験ゼロでもできるプログラミング現場の単体テスト

【書籍】経験ゼロでもできるプログラミング現場の単体テスト

単体テストに注目したソフトウェアテスト本が出る模様. 説明に, 『知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト』の姉妹書登場! 無理なく現場を改善できる現実志向のノウハウ満載! 姉妹本とあるけど,高橋さんはご存じなんだろうか??? 単体テストは、アプリケーションの品質を確保するだけでなく、開発を効率的で楽しくしてくれます。しかし納期に追われる現場では、単体テストを試したり学んだりする時間がなかなかとれません。本書はそうした現場に向け、「これだけで効果絶大!」な単体テストをやさしく伝授します。JavaによるWebアプリケーション開発を例に、JUnitの使い方をはじめ、DBアクセスや外部システム連携の単体テストなどを解説。テストを自動化する環境も構築します。多忙な現場ほど手元に置いてほしい1冊です。 ツール前提なのかな? 基本のところがどれだけ書かれているか気になります.店頭で見かけたら買わなきゃね.(^-^

スポンサーリンク