TEF東海合宿に参加しての徒然

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

 7/21-22に開催されたTEF東海合宿(http://kokucheese.com/event/index/27280/)に足を運んできました。TEF東海合宿はその名前からもわかるとおりTEF東海の有志により企画された勉強会合宿で,ソフトウェアテストをテーマとし,ディスカッションを中心とした内容です。当日は東海地方を中心に20名ほどが参加,終始和やかに,しかし熱さをもった二日間でした。

 私はというと,当初諸事情有って参加できるかどうか分からなかったのですが,実行委員である奥さん(否Wife。苗字が”奥”さんという方。)から熱のこもったお誘いメールをいただきまして,その内容にとても感激したので,これはなんとしてでも足を運ばなければと,何とか業務の調整をつけた次第です。(といっても,やりかけの仕事などありましたので,あくまで様子をみにきたという立場にご調整頂きました。)

 そんなわけで,一歩引いたところから(内職しながら)合宿の様子を拝見させていただいいたのですが,実に東海らしい人間味にあふれる二日間でよかったと思います。

 参加にあたってはホテルの手配等いろいろご無理を言いましたので,お礼も兼ねて,記憶が残っている間に簡単に日記を書いておきたいと思います。(レポートでないことはご容赦ください)

■4/21(土)
 一日目の到着は業務の都合もあり,12:00に自宅を出発し13:04のこだまにて掛川駅に移動。15:00掛川駅発のつま恋行無料シャトルバスで移動です。
 つま恋は初めてだったのですが,バスの中から見える風景や深々とした森。ちょうど山桜も満開で,普段コンクリートに囲まれた生活の身には癒し効果抜群です。つま恋内の移動時,途中カート場などもありオトコノコ心をくすぐられるなど,リゾート気分が味わえます。しかし,これってとても大切な事で,通常の生活から合宿モードに切り替わるきっかけになるんですね。「あー,合宿に来たんだな」という気分になります。

 15:30ほどに会場着。実行委員の皆さんに簡単にご挨拶をさせていただき,品川駅構内で購入したプリンを差し入れて,いったんチェックイン。少々業務疲れ&移動疲れも溜まっていたので,本格的に参加するのは夕食からとさせていただき,温泉を楽しむことにしました。温泉はホテル(ノースウィング)の大浴場と森林乃湯という大露天風呂の2つがあります。私は滞在の間は森林乃湯を利用していたのですが,露天風呂も大きいですし,また,サウナの眺望も良くて大変気持ち気持ちよかったです。滞在の際は森林乃湯をオススメします。

 温泉から戻ると宴会。
宴会と聞いていましたのでビュッフェスタイルに一瞬戸惑いましたが,料理も飲み物も種類が多く美味しかったです。
 途中実行委員からスピーチをリクエストされ,TEF東海の誕生からTEF東海合宿が誕生するまでのあれこれ(裏話含む)を中心にお話させていただいたのですが,果たしてどうだったでしょうか。それなりに酔いがまわっていたこともあり,ちゃんとしゃべれたか(後になって)不安になっています。(^-^;
 振り返ってみると,TEF東海合宿は4年前奥村さんと飲みながら「東海も実践の場があってもいいよね」ということを話していたのがきっかけです。その後MLにやろうぜ!とメールを投げてから,私自身が沈んでしまい話が進まなかったのですが,4年を経て現実行委員の皆さんのご尽力により実現したことをとても嬉しく思いました。

 宴会後は2つの話題に別れてディスカッション。
一つは林さんの原因分析の話,もう一つは名野さんのテスト設計のお話。
前者は障害事例に対してどういうテスト技法で対応できるかを考えるというもので,後者は名野さんのテスト設計手法を体験してみよう…というものだったのですが,いろいろと違った方向にディスカッションが盛り上がりました。
途中後者のテーマには(少しだけ)混ぜて頂きましたが,なるほどと勉強になることもあり,興味深かったです。

その後は語りたい人は誰かの部屋に集まって語ろうぜということで,深夜26:00まで語り合われたのでした。

■4/22(日)
 眠い目をこすりながらなんとか起床。
朝食はビュッフェスタイルですが,種類がけっこうあったし,美味しかったです。多くの場合ホテルの朝食はガッカリするのですが,さすがリゾートといった感じでしょうか。

 午前中は「探索的テスト」についてのディスカッション。
都築さんが取り組んでいる探索的テストについて紹介の後に,皆でディスカッションです。紹介では「そもそも探索的テストってなんなの?教科書的な意味が知りたい。」などという質問が出ていました。国内ではまだまだ知られていないものですから,皆さん興味があることの裏返しなんだろうなと思いました。
当然のことながら,ディスカッションは盛り上がっているようでした。

 お昼はうなぎちらしでした。
食べながら雑談でしたが,前日の夜の話題についての話題で盛り上がりました。

 午後は二日間の振り返りということで,3時間つかってワールドカフェ形式でディスカッション。
YWTとぐるぐるマインドマップなんかも使っていましたが,これは本当に盛り上がっていましたね。
模造紙に書かれたことも本当に熱がこもっているもので,それぞれにこの二日間感じたことや意識したこと,知ったことに決意したことなどを思うがままに書いていたのだと思います。また,他の人が書いたことからたくさんの刺激を受けていたんだと思います。是非このままにせずにひとつでも取り組んでもらえたらと思います。

 二日間を締めくくるクロージング後は皆で記念撮影。ファインダから見える皆さんはとても素敵な笑顔でした。(^-^

■おわってみて -御礼
 会場撤収後,実行委員の皆さんと少しだけ歓談。
今回の運営面について気がついたことをお伝えしたり,アドバイスをさせていただいたりしました。なにぶん私の想いも入っている部分もあったので参考にならないことも多かったと思いますが,少しでもお役に立てていればと願わざるを得ません。

 一歩引いた立場で参加した感想ですが,このTEF東海合宿はとてもいい合宿でした。終始なごやか,でも終始盛り上がっていて,これもTEF東海がしっかりとコミュニティとして成り立っているからこそだなぁと思いました。そしてこの20人規模の合宿を実行委員三人でやりとげたっていうのも賞賛に値しますね。すばらしい会でした。

 今回は休暇もかねて参加したわけですが,熱いお誘いメッセージをいただき参加に当たって無理な調整をしていただいた奥さんに心から御礼を。そして,実行委員長として獅子奮迅だった都筑さんや細やかなサポートやフォローを行っていた名野さんにも御礼を。

 一から企画して実現するってことはとても大変なことです。是非お三方はご自分をご自分で最大限に褒めていいただけたらなぁと思います

本当にお疲れ様でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク